精神世界と現実世界との狭間で・・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 天河神社の五十鈴

<<   作成日時 : 2010/06/23 01:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0




ことの発端は、およそ二週間前に遡る。入眠時の半覚醒状態で(フォーカス10?!)、頭の中でリアルに鈴の音が鳴り響くのを感じた。その鈴の音は、今まで聴いたことの無いような繊細な音と振動を伴っていた。

実は、此れまでにも入眠時の半覚醒状態で様々な音を感じている。「気泡が破裂するような音」とか「弓の弦を何度も何度も弾く音」なども・・・。(弓の弦を弾く音に関しては、中世の祈祷で使用された梓弓【あずさゆみ】が関係していたことが、後日判った。この件は何れ日記にアップしたい)

拙い表現だが、いずれの場合も耳を介せずに、ダイレクトに脳で音を感じている?ような感覚である。

それから数日して、鈴の音の件が記憶から薄れてきた頃、不思議なくらい矢鱈と天河神社に関連する事柄が目に飛び込んで来た。興味が湧いて調べている内に、古来より伝わる独自の神器であり、天河神社のシンボルとも言うべき「五十鈴」を知って、直感的に件の鈴の音の記憶と結び付けていた。そうして、いつしか参拝に訪れてみたい、という思いが生じていた。

恥ずかしながら実は最近まで、天河神社(正式には、大峯本宮 天河大辨財天社という)の事は、名前を聞いた事がある程度であった・・・・。

古くからの熱心な信者、神職・行者は別にして、スピリチュアル系の人や、パワースポット巡礼者の間でも相当有名な神社であるようだ。参拝した方達のブログなどを拝見して判ったことは「御縁がないと訪れることができない」とか「神様に呼ばれた者だけが行くことができる」とか「霊能者が大勢参拝する聖域」など色々な伝説があるようだ(笑)

さて、ここからが本題。

先日一寸した御縁があって、天河神社の五十鈴の御守りを賜ったのだった。夜に精神を落ち着けて、全身全霊で、静かに五十鈴の音色を堪能したところ、二週間前に感じた鈴の音色はこれだったんだ!と何故か確信できた。

妙なことに、その日の夜に「白蛇」の夢を見た。蛇といえば「天河秘曼陀羅」では三面蛇頭の御姿で表現されている。(ちょっと強引すぎか・・・・・・)
画像

画像



精神世界ランキング

















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
お寺や神社は落ち着きます
いやぁ お寺や神社は落ち着きます。。☆ ...続きを見る
☆STIE LIFE☆
2010/07/13 15:32

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
天河神社の五十鈴 精神世界と現実世界との狭間で・・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる