精神世界と現実世界との狭間で・・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 気功教室(2010/9/26)

<<   作成日時 : 2010/09/27 23:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0




今回の錬功内容では、従来とは違った視点、意識の向け方を教わり、新たな発見があった。基本功(ストレッチ含む)をとっても、今までは心地良く感じるままに任せて身体を錬っていたが、指導者からの「少し物足りないと感じる位の力加減が、気功には丁度良いのです」との教えに、大きなヒントを得た感じがする。

もっと今以上に、慎重に身体の奥深くの極微細な感覚に注意を向けること、そしてほんの僅かな意識の変化を認識することが、課題かな・・・と思った。

〆は四人組みになって、まず一人が中央に立ち、他の三人は周りを囲む。中央の人が小周天ルート(任脈〜督脈)に気を廻すのだが、それを周りの三人が気で補助しながら廻すのである。中央役は順番に交替して行った。
私の順番がやって来た。全身が「気の繭」に包まれたかのような温かくて、安らかな至福の感覚の中、任脈・督脈上の要所(百会−印堂−天突−膻中−中脘−丹田−仙骨−命門−霊台−大椎−脳戸−百会)でしっかりと気を温養させながら廻していった。やはり気の相乗効果はもの凄い・・・・。この感覚は、独修ではまず得られない!!

お蔭様で、夏の疲れが一気に吹き飛んでしまったようである・・・。

修練が終わった後、恒例の茶話会では多様な怪しい話題もあり、楽しく和やかに過ごすことができた。

感謝。


精神世界ランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
気功教室(2010/9/26) 精神世界と現実世界との狭間で・・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる