精神世界と現実世界との狭間で・・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 奥秩父 気功合宿(後編:大陽寺と三峯神社)

<<   作成日時 : 2011/09/19 13:36   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2




(9月17日(土)、18日(日)の二日間、奥秩父での気功合宿に参加した。その前編からの続き・・・・)

18日は早朝AM5:00に起床し境内で気功を行った。肌寒く辺りは薄明るくなり始めている。周囲の山々が驚くほど近くに見えた。ふと東の山頂に朝焼けが見えて、その美しさに感動。清々しさの極みといった感覚で、この感じは体験したものしか解らないだろう・・・。

未だ他の宿泊客は就寝中だったので、殆ど声は出さずに指導者のジェスチャーのとおりに進めて行った。
早朝気功は大周天系の錬功もあって、効果的に天地の氣を身体に透すことができ、衝脈の詰まりが除かれた感じがした。

そのうちにやわらかい日光が山頂から差し込んできたので、全員で太陽光を体に取り込む気功を行った。気がつくと、何人か他の宿泊客も外に出てきていて、興味深そうにこちらを眺めている者、あるいはストレッチしている者と様々だった。気功が終わった頃、すっかり明るくなっていた。

6:45から朝の勤行。こちらも自由参加だが、やはり殆ど全員が参加している模様。

7:10からいよいよ坐禅である。今回も初心者が多いので、坐禅堂でご住職から作法等の説明があった。早朝気功の効果も手伝ってか、坐禅ではすんなりと意識を落とし込んで行くことができた。初心者が多いので、警策は自ら志願した者だけ打って頂く方式に。

8:30から朝食を頂いた。お粥がとても体にやさしくて、どの品もとても美味しかった。

画像


身支度を整え、ご住職や他の宿泊客へ挨拶を済ませて、10:30頃に大陽寺を後にした。

その足で、今度は三峯神社へ。大陽寺から車でおよそ90分かかった。

画像
画像


三峯山の頂にある神社は、非常に神気溢れる場所で「かつて伊豆へ流された役小角が、神通力で三峯山に往来して修行した場所」という伝説があるのも大納得である。彼方此方でお目にかかれる御眷属「山犬(オオカミ?)」の鋭い眼光の洗礼を受けた後、本殿へと向った。

画像
画像


拝殿でご挨拶申し上げた後、側にあるご神木から氣を頂いた。両手をそっと幹に触れて自分を空っぽにすると、どんどん氣がこちらに流れ込んでくる。体の中心(衝脈)を通って、足の裏の湧泉から地面に流れていった。

写真は無いが、他にも神社境内には、非常に強い氣場(エネルギースポット)があることを身をもって体感できた。

12:30に三峯神社を後にし、三峰口駅にある蕎麦屋で昼食。

そして15:30に秩父駅にて解散となった。

今回も、非常に有意義で充実した二日間であった。




精神世界ランキング



わが町川越歴史散歩?小江戸の残照
ルック
小泉 功

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by わが町川越歴史散歩?小江戸の残照 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
気持ち玉、ありがとうございます
これから、ゆっくりこちらのブログを読ませていただこうと思います
rei
2011/09/21 20:12
>rei様
こちらこそ、ご訪問頂きましてありがとうございます
これからもreiさんのブログへちょくちょく、伺わせて頂きますね

神秘行者
2011/09/21 21:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
奥秩父 気功合宿(後編:大陽寺と三峯神社) 精神世界と現実世界との狭間で・・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる