精神世界と現実世界との狭間で・・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 滝行 神瀧山清龍寺不動院にて(2012/9/22)

<<   作成日時 : 2012/09/23 00:09   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 1




今回、神瀧山清龍寺不動院に於いて、滝行を体験させて頂いた。

神瀧山清龍寺不動院 http://www.nana.or.jp/~seiryuji/syugyou/takigyou.html

今朝から雨模様の肌寒い日ではあるが、軽く緊張気味なのか身体は熱く感じていた。

この日のために白褌を新調し、一週間前から禁酒して準備してきたのであった。

画像
画像
画像


本日の参加者は、私と氣功教室の仲間と一般女性の計三名。貸与の瀧衣・鉢巻に着替えた後、本堂に集まった。滝行の前に指導僧による祓い清めの儀が執り行われた。

 この時点で、私の掌は感電したようにビリビリとした氣感が生じている。金剛合掌し、全員で不動明王の真言を
唱和したところ、仙骨から熱い気が背骨を立ち昇ってくる(普段も、不動明王慈救呪を唱えていると下丹田と仙骨が熱くなるのです)

 感慨深いのは、清龍寺不動院が歴史の古い神仏混淆の寺院であること。故に、本殿には神様と仏様を分け隔てなくお祀りし、祝詞も密教の真言も唱える。参拝方法は神道式の二礼二拍手一拝だが、本堂内には密教の護摩壇があるし、ご本尊へ灯明とお線香を捧げるのだ。

 私はこれが本来あるべき姿だと感じる。時の政府が発した神仏分離令さえなければ、現代どこの寺院でも当たり前のように見られた光景だろうに・・・・。

 さて本堂から、滝行場へ移動。身体を御塩で清め、お線香を三本あげた。真正面には、龍神の口から勢いよく流れ落ちる湧水、そしてその真上に鎮座す不動明王が視界に入った。滝行場周囲は注連縄で張り巡らされ、結界となっている。
 三人横一列で二礼二拍手一拝をし、揃って右足から前に進んで行く。そして合掌礼して一人ずつ順番に入滝し、計二回ずつ入った。

一回目の入滝時間は約1〜2分位。まだ体が水の冷たさと水圧に慣れていないので、案の定、ファーストインパクトは一瞬息が詰まってしまったが、事前説明の通り深〜く息を吸い込んで、裂帛の気合「えいっっ!!!」を発したら、ふっと力みが抜け落ちた。そして金剛合掌をして、不動明王慈救呪を唱えた。しかしながら、まだ余裕はなくて、声が上擦ったり必死に真言を唱えながらも、意識は滝水の冷たさや水圧に向いてばかりであった・・・・。

私たちが入滝中ずっと、指導僧は錫杖を振って真言を唱えていてくださる。そして師の合図で各自出滝するのだ。

他の方が入滝中は、お滝場の端で金剛合掌のまま待機し、その間も心の中で真言を唱えていた。

二回目の入滝はかなり違った感覚で、不思議と不動明王の真言は力強く透り、肚から声が出ていた。水の冷たさや圧力に体が慣れてきた為かもしれない。今度は3〜4分の入滝時間であったが、あっという間の気がして、もう少し長く入っていたかったものだ。

指導僧は「一回目は穢れが祓われ、浄化されます。二回目は不動明王のご加護の力を頂くことができます」と仰っていたが、充分納得できた。

 そしてまた「滝行は長く入っていればよいというものでもない。短くても集中して内容の濃い行ができればよい」と仰っていたのが印象的だった。すべての修行に当てはまることだと思う。

全員終えた後、指導僧から「皆さんの顔つきが変わった!とてもよいお顔です」とのお言葉を頂戴した。
作法通り御礼の合掌をしてから行場を後にした。

滝行の最中よりも、私服に着替えてからの方が、心身の変化をより明確に感じることができた。

まず、飛び抜けて体が軽い。爽快感がある。体の冷えは全くなく、むしろ温かいくらいだ。
そして精神が非常に穏やかだ。浄化作用が強力なのか、中身がスッカラカン(笑)といった感じである。

その後に氣功を行ったら、こりゃまたよく氣が透ること!滝行後の氣功は最適だと体感した。

そして・・・・・来月の滝行の計画を立てる私であった。


精神世界ランキング





















滝行―大自然の中、新しい自分と出会う
コスモスライブラリー
佐藤 美知子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 滝行―大自然の中、新しい自分と出会う の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
滝行 神瀧山清龍寺不動院(2014/7/26)
本日の午後、神瀧山清龍寺不動院に於いて再び滝行をさせて頂いた。(前回の滝行から約2年ぶりである) ...続きを見る
精神世界と現実世界との狭間で・・・・
2014/07/27 00:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
いいなぁ、いいなぁ。こうやって、清浄にして透徹した気を得ておられるんですね。素晴らしい。
ジンセン
2012/10/24 13:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
滝行 神瀧山清龍寺不動院にて(2012/9/22) 精神世界と現実世界との狭間で・・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる