精神世界と現実世界との狭間で・・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 霊場 恐山紀行(2014/8/7)

<<   作成日時 : 2014/08/10 21:26   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2




8月の上旬、郷里の弘前へ帰省した折、久しぶりに恐山を訪れた。恐山は、日本三大霊場(比叡山、高野山、恐山)の一つで、私が子供の頃に家族で一度訪れたことがある。
http://www.pref.aomori.lg.jp/bunka/kanko/sh_renkei_gururin_osore.html

子供の頃とは道路事情がまるで違い、車で弘前から僅か3時間半で恐山に到着した。(昔は悪路が多くて、到着にかなり時間がかかったものである)

先ずは、恐山へ向かう途中で「恐山冷水」に立ち寄った。

画像
画像


不老水とも謳われるこの湧水は、とても冷たくて口当たりが軟らかくおいしく頂戴した。何でも、一杯飲めば10年、2杯飲めばで20年、3杯飲めば死ぬまで若返るwwとのことだ!(私は一杯だけにしておいた)

路線バスの停留所にもなっているのか、バスから観光客が降りてきて水を求めておられた。

それからしばらく冷水峠を走らせていると、「霊場恐山」の門が出現!

画像


門をくぐって少し行くと、突然深い山道から視界が開け、仄暗い色の宇曽利湖が見えた。そして三途川に降りた時点で、既に硫黄臭が漂っていた。

画像
画像
画像


入山受付で金500円也を支払い、総門から境内へ。例大祭の時期ではないので、勿論イタコはいない。参拝客も思ったより少なかった。

画像
画像
画像
画像


初めに、本堂の御本尊 延命地蔵菩薩様へご挨拶し、無事に参拝できたことへの感謝を申し上げた。
(自ら地獄にまで降りて浮かばれぬ魂を救済している地蔵菩薩様の大慈大悲の波動が感じられた)

画像


続いてお呼ばれしたように感じ、奥の院不動明王様を参拝。強くて威厳のあるパワーを感じる。

ところで、奥の院へ通ずる山道の傍らに、呪物(?)らしきものが仕掛けられてあるのを見つけた。よく目を凝らすと、周辺の低木の根元に数点埋められている。とてもお寺の修法とは思えない。おそらく民間の祈祷師や拝み屋が不動明王の力を利用して、呪法を施したのだろうか?!・・・・。

画像


その後、境内をゆっくりと巡った。鼻を衝く亜硫酸ガスが噴出する岩石と、どんよりとした曇り空、そしていくつもの小石が積まれた賽の河原、これらの荒涼とした風景はまさしく、「あの世」「死者が集まるお山」と千年前から語り継がれているのも納得である。

画像
画像


賽の河原で積まれたた小石に供えられた風車が、実にもの悲しげでよく回っていたのが印象深かった。
積まれた小石の中に、故人の名前が記されているものがあったり、そして表札とか故人の遺品(?)が置かれてあるのを見ると、つくづく死者を偲び、冥福を祈る信仰のお山なんだと、強烈に思うのだった。

※霊場恐山では特に決まった供養の作法も決まりもなく、自由に行ってよいそうなので、色々な新宗教団体や祈祷師が其々のやり方で供養を行っているそうだ。中には感心しないやり方もあるとのこと

画像
画像
画像


途中、八角円堂に立ち寄り、お堂の中に入って地蔵菩薩様にご挨拶。光明真言を唱えた。お堂内には衣類やランドセル、カバン、履物が供えてあり、故人が困らぬようにとのご遺族の配慮で置いてある。
八角円堂は、死者と再会できる場所との言い伝えがあり、一晩、中で待っていたら再会できたという逸話がある。
画像


境内には、自由に入浴できる温泉が4か所あり、いずれも源泉かけ流しの天然温泉。強い硫黄泉なので、長湯はお勧めしない。(金属のアクセサリーは外さないと、たちまち酸化して変色してしまう)

(時間の都合で入浴は叶わず・・・・・)
画像


最後に寺務所で恐山オリジナルのご朱印帳を購入。ここには宿坊もあり、機会があれば泊まってみたいものだ。

霊場恐山はいわゆるパワースポットの類とは性質が異なる場所、という感覚が着いてからずっとあった。
(此れまで訪れた神社仏閣で感じたような、波動感覚はまるでなかった)
只管、故人を弔い冥福を祈る場所。また死者への、生者の想念が強く凝縮されている場所。そして死者と再会できるかもしれない場所なんだと思う。

そう云えば境内を巡っている際に、肩や背中が突然重くなったり、フッと軽くなったりした事は何回かあった・・・・。
(何方かの仏さんなのかな、と思っている・・・・)

画像
画像




精神世界ランキング




死国

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 死国 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

コレクター

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by コレクター の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
まさに霊場という場所ですね。
14年前、訪問したことがあります。
霊感などまるでなかった頃ですが、一種異様な様相を呈していたことは覚えています。
硫黄は邪気払いに最適です。大抵、霊場は硫黄に関連するところが多いです。
波動スポットというより、慰霊場がふさわしいですね。
邪気を万が一受けたら、色々対処法がありますが、物理的なものでは、塩、粉炭、硫黄が最適とのこと。参照してください。
マインドウェーブ
2014/08/10 22:35
>マインドウェーブさん
いつもコメントありがとうございます。なるほど、邪気祓いに「塩、粉炭、硫黄」が最適なのは、充分納得できます。それ以外に、お米や小豆も有効だと聞いたことがあります。また、変わり種では「ファ○リーズ」や「○セッシュ」など除菌消臭スプレーが有効だったなんて話も聞いたことがありますがw(私は試していませんが・・・)
神秘行者
2014/08/12 22:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
霊場 恐山紀行(2014/8/7) 精神世界と現実世界との狭間で・・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる