精神世界と現実世界との狭間で・・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 三峯神社 参拝(2016/8/10-11)前編

<<   作成日時 : 2016/08/13 23:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0




8/10(水)-11(木)は、奥秩父の三峯神社を参拝しました。

過去に日帰りでの参拝は二度ほどありましたが、今回は初めて境内にある宿坊へ泊ることに。

メンツは気功仲間二名にご同行頂きました。

「8月10日(水)」

正午に西武秩父駅に集合。そこから三峯神社行の急行バスにて約1時間15分の行程です。

神社駐車場の手前あたりから、既に掌が軽く痺れるくらいはっきりと御神氣を感得。これは毎度の事。

また秩父駅では、都心と変わらない茹だるような暑さなのに、ここ三峯神社は過ごしやすい気温でした。

神社境内へ向かう前に、先ずは全員で昼食を摂りました。「三峯お犬茶屋山麓亭」にて大根蕎麦をチョイス。

大根は辛味がなく、ほんのり甘くてシャキシャキの食感で美味しく頂きました。
画像


腹ごしらえをした後は、いよいよ境内へ。特徴的な三ツ柱鳥居の側まで来ると、ぐっと御神氣が濃密になるのを感じます。

画像


随身門は前回参拝時よりきれいになった印象です。塗装し直したのでしょうか。

画像


この階段を上ると、いよいよ拝殿です。
画像


境内は平日のためか、思ったほど混んではいません。手水舎も前回訪問時より色彩が鮮明になった気がしました。それにしても見事な装飾ですね。
画像

画像


拝殿へ赴き神様へご挨拶と、ご加護を祈願致しました。そして御朱印もしっかり頂きました!

画像
画像


以前の訪問時には未だ出現されていなかった、噂の「龍神の石畳」も今回しっかりと拝見できました。
画像


その後三ツ柱鳥居の所まで戻り、「秩父宮記念三峰山博物館」を拝観。三峯神社のご眷属である狼に因んだ展示物(剥製や毛皮、石像etc)や、三峯講の方々の登拝・参籠に関する資料が展示されており、大変興味深く拝見しました。

特に目を見張ったのは、明治期の神仏分離令以前、まだ三峯神社という号が与えられる前は、本山派修験の関東総本山 観音院高雲寺であったこと。その時代のものであろう、役行者像や不動明王像などの神仏混淆時代の仏像も展示されていたことです。その場で合掌致しました。

さて、まだまだ時間はたっぷりとあるので、境内をのんびりと散策しながら、心ゆくまで溢れんばかりの御神氣を取り込むことができました。境内に佇んでいるだけで、強力なパワーが漲ってきます!

御神木のコーナーは相変わらずの人気ぶりですね。スピ系女子と思しき方々が高確率で散見されますw
御神木の幹は、大勢の衆生に触れられた部分が変色してしまっています。賛否両論あるようで、「神聖なものなのにベタベタ触れるのはケシカラン!」という者、逆に「木にタッチしたりハグしたりして木とエネルギーでつながりましょう♪」と積極的に進める者もいます。
 気功やエネルギーワークに通じている者は、特段直に触れなくとも樹木とエネルギーの交流はできると思いますので、やたらとペタペタ触らずともよい、と個人的には思います。
画像


そういう意味では、こちらの「えんむすびの木」と呼ばれる御神木は、簡単に手が届かない位置にあるので、ナイスですね。
画像


ここから少し先にある「お仮屋」を参拝しました。三峯神社の御眷属(オオカミ)をお祀りしてあるお宮です。独特の威圧感がありました。流石、強力な憑き物落としのエキスパートとして認知されているだけのことはあります。
画像

画像


本日宿泊する「興雲閣」です。
画像

画像


部屋は落ち着ける和室で、テレビ、冷蔵庫、電話、浴衣、歯ブラシ付タオル、バスタオルが備付けてあり、一般的な旅館とあまり変わりません。(※トイレ、洗面所は部屋になく共用)

イメージしていた宿坊像と少々異なっていました。しかし、館内を普通に装束姿の神職の方々が往来しておられるのを拝見すると、神社の宿坊らしさが匂ってきますw

興雲閣のスゴイところは、強力な三峯神社の神域の中に建物があるので、宿泊するだけで一晩中、御神氣に浴せます。それから、ここの天然温泉「三峯神の湯」が非常に素晴らしく、お湯に浸かっていると細胞の隅々まで癒されて、御神氣が染み込む感じです。

さらには驚くことに、宿泊された方にはスゴイ特典があって、もれなく一人に一体ずつ、御眷属が付き添い一晩中ずっと守護してくださるそうです!(知人から得た情報です)

部屋でゆったり寛いでいると、時々聴こえてくるご祈祷の和太鼓の音がとても心地よく身体に響きます。

夕食は精進料理を想像していましたが、全く異なりお刺身や焼き魚、鶏肉もありました。品数も多く、どれも美味しく頂きました。

部屋に戻ると、気功仲間によるシンギング・リンの波動演奏や気功、瞑想などをして過ごし、床に就きました。


後編へ続く



精神世界ランキング



















日本の神々がわかる 神社事典 (WAKARU Pedia)
成美堂出版

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本の神々がわかる 神社事典 (WAKARU Pedia) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

狛犬の佐助 迷子の巻 (ノベルズ・エクスプレス)
ポプラ社
伊藤遊

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 狛犬の佐助 迷子の巻 (ノベルズ・エクスプレス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
三峯神社 参拝(2016/8/10-11)前編 精神世界と現実世界との狭間で・・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる