現代仙道百科

 「現代仙道百科」小野田大蔵著 白揚社1992年発行 随分昔に購入してから、ずっと本棚に入れっぱなしだった書籍です。最近久しぶりに読み返しています。(特に意識した訳ではないのに、手が勝手に本棚からその書物を取り出していました) 購入当時の自分には理解できかった箇所が、現在の自分には深く理解できるようになっている事に些か興…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

謹賀新年(2019年)~今年も夢を叶えます~

明けましておめでとうございます。 昨年は私にとって実りある一年でした。「修験の聖地 大峯山で修行すること」、 「京都伏見稲荷大社を参拝して稲荷山を登拝すること」そして「お伊勢参りと熊野詣をすること」、「修行が大きく前進すること」 (※大峯山山伏修行と伏見稲荷大社のことは既にブログにアップしています) 前々からの願望だった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高尾山水行道場で瀧行(2018/11/18)

本日は高尾山水行道場の蛇瀧にて、瀧行をさせて頂き無魔成満致しました。 実は瀧行予定の数日前から、私の中で既に修行が始まっております。瀧行へ向けての心身の入念な準備と申しましょうか・・・・・。 先ず禁酒・禁欲は勿論のこと。また気功でじっくりと下丹田を鍛錬。そして気温が低くなり肌寒さを感じると、情けない事に心が萎えそうになったり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柔和顔の翁から頭に水を注がれる!

これは、大峯山での山伏修行(2018/9/1~2)の後日談です。 先日、雑記帳の内容を整理していたら、ふとメモ書きを見つけました。他のメモ書きの中に埋もれてしまっていた為、今まで存在に気付きませんでした。その内容は以下のとおり。 大峯山での修行を終えて、その翌日(9/3)夜の出来事。寝入りばなの半覚醒状態の時に、眼の前に日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

阿佐ヶ谷の神明宮

10/24(水)は、阿佐ヶ谷にある「神明宮」を参拝させて頂きました。 御神木の「夫婦けやき」の案内板にカマキリを見つけました。 こちらには、天照大御神様が祀られています。境内はとてもカラッとして爽やかな御神氣が感じられます。 ここ数日、心の中にモヤモヤ、苦悩などがあったのですが、お陰様で見事に消し飛びま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神仏のお試しと御利益の間で・・・

彼方此方と神社仏閣を参拝しておりますと、時としてその道中、実に思いがけない出来事に遭遇します。 今回の京都行では、早朝の伏見稲荷大社と下鴨神社の参拝を終えてから次の醍醐寺三宝院へ向かう途中で、ある出来事が起こりました。 それは地下鉄のホームへ降りる階段で、日本紙幣で6千円(千円札6枚が二つ折りに畳まれた状態)を拾ったのです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都番外編「下鴨神社(賀茂御祖神社)」参拝

7/29(日)は早朝からの稲荷山登拝の後、まともな休憩を取ることなしに、下鴨神社(賀茂御祖神社)と醍醐寺三宝院を参拝させて頂きました。両方とも以前から訪れたかった所です。巡る順番などの効率は全く考えずに、思うがまま、心の声に従って巡りました。 先ずは下鴨神社(賀茂御祖神社)を訪れました。神社参道には、「糺の森」と呼ばれる3万6千坪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

稲荷山のお塚信仰に思う・・・完結

前回からのつづき 山頂の一ノ峰からの下りも美しい朱色の鳥居の中をくぐります。ふと山林を見渡すと、彼方此方にボキッと真中から折れ曲がってしまった木々が散見されました。登りではあまり気付かなかったのですが、昨夜の台風被害の酷さを物語っています。 暫く参道を下ると、春繁社が見えてきます。こちらでは春繁大神が祀られています。ご挨拶だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

稲荷山のご神蹟とお塚を巡る・・・その3

前回からのつづき ここ四ツ辻からは、写真の地図の通り右回りでも左回りでもここへ戻って来ます。私は左回りで登りました。 ところで、稲荷山には「ご神蹟」と呼ばれる聖なる場所が数カ所存在します。一説では太古神々が降臨された場所に祠や社を建てたのが始まりとか。幾つかは既に失われてしまった場所もありますが、現存するご神蹟では、明治…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

念願の稲荷山登拝・・・その2

前回からの続き 台風12号の威力は凄まじく、室内の窓に暴風雨が打ち付ける音が一晩中続いてほとんど眠れない状況でした。 それでも翌朝は台風一過の澄みきった青空で、とても清々しく一気に脳が覚醒しました。 朝食は摂らずに経口補水液(OS-1)を一気に飲み干し、いよいよ稲荷山登拝行へ向かいます。 チェックアウトまで充分時…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

そして、京都伏見稲荷大社へ・・・・その1

その後、お稲荷さんに対して何の蟠りも無くなった私は、全国にある約30,000社の総本宮である、伏見稲荷大社をついに参拝させて頂くことができました。更には稲荷山への登拝も叶ったのです。 7/28(土)仕事を終えると、急いで京都行の新幹線に飛び乗りました。雨はまだ降ってはいませんが、この時、異例づくめの台風12号が関東へ接近中でした。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

お稲荷さんとの関係性

私が子供の頃は、毎日のように地元の稲荷神社境内で遊んだものです。朱色の鳥居を何度もくぐって楽しんだり、境内の雑木林で昆虫採集したりと、とても充実した日々を送っていました。 そして子供心にお稲荷さんが見守ってくれているんだ、という安心感を無意識に感じていたようで、ここに来るとホッとしたものでした。 それが成人して、いつの頃から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

後編・大峯山で山伏修行(2018/9/1-2)

-前編からの続き- 早々に床には就いたものの、なかなか寝付けません。外は雨音が聞こえていて、時折強く降っていました。 おそらく意識が昂揚していたのだと思います。まるで子供の頃に経験した、遠足の前夜みたいだと、ぼんやり思い出していました。 ようやくウトウトしかけたと思ったら、起床時刻の午前1:00になりました。全員、サッと起…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大峯山で山伏修行(2018/9/1-2)前編

どうにか時間をやり繰りして、9/1~2 修験道の聖地、大峯山に於いて山伏入峰修行を無魔成満致しました。 私にとって初めての大峯修行であり、昔から憧れていた霊山です。大峯山 山上ヶ岳は海抜1719.5mで、世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部として登録されています。 約1300年前に「役の行者」によって開山されて以来、現在…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

敬頌新禧(2018/1/1)

明けましておめでとうございます。 昨年は多くの方々にご訪問頂きまして、誠にありがとうございました。 気が付けば昨年の夏以降、更新が止まっておりましたが、本年もマイペースながら細々と継続して行く 所存ですので、何卒、宜しくお願い申し上げます。 ブログの更新が停滞している間も、淡々と修行は続けておりました。そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥秩父 天空の山寺へ泊まる ’17夏(2017/7/30-31)

7/30(日)-31(月)は、数年ぶりに奥秩父の大日向山 大陽寺を訪れまして、坐禅と氣功修行に没頭しました。 ここは標高800mにある臨済宗の山寺で、宿坊でもあります。宿泊予約の際、電話に出られた御住職が『氣功の○○さん?』と数年ぶりにもかかわらず、憶えていてくださったのには、大変恐縮致しました。 <7月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

深川不動堂で護摩修行(2017/7/9)

成田山東京別院 深川不動堂では、一般の方の誰でも護摩修行に参列できることから、私のお気に入り寺院の一つで、以前から度々参加させて頂いております。 護摩祈祷で唱えられる御経・真言の構成は、日によって若干変わります。 今回の次第は、以下の如くでした。 「一、錫杖経 二、般若理趣経 三、般若心経 四、仏説聖不…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

青龍大権現のお力をいただく!

今日は、高尾山の蛇瀧水行道場にて、瀧行をさせて頂きました。 これまでに琵琶瀧での瀧行は何度か行ったことがありますが、蛇瀧は初めてでした。 瀧行をご指導頂いた修験先達のお話では、蛇瀧は玄人好みの行場。初心者向きではないとのこと。 確かに私の拙い感覚でも、充分琵琶瀧の行場との違いが明確に判りました。琵琶瀧で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

王子稲荷神社参拝ー願掛けの石を試す(2017/3/19)

19日(日)は、王子稲荷神社を参拝いたしました。こちらは初めて訪れる神社です。 王子駅前の雑多な雰囲気とは真逆の、静かな佇まいの中にありたいへん落ち着きます。 境内は参拝者も疎らで、お蔭でゆっくりと参拝することができました。 拝殿の奥にある境内社で、有名な「願掛けの石」が祀られ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

阿吽剣でエネルギー体をぶった斬る!(2017/2/5)

2月5日は、気功教室特別クラスへ参加しました。(このクラスは、気功経験5年以上の者が対象で小人数で行われます。気功上級者の方々と同じ氣場で練功できることは大変有難く、毎回貴重な体験ができて大きな財産となっています) このクラスでは毎回異なったテーマで修練するのですが、今回は阿吽剣という氣の武具を使った刀気功(武士道気功)を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more