現代仙道百科

 「現代仙道百科」小野田大蔵著 白揚社1992年発行

随分昔に購入してから、ずっと本棚に入れっぱなしだった書籍です。最近久しぶりに読み返しています。(特に意識した訳ではないのに、手が勝手に本棚からその書物を取り出していました)


購入当時の自分には理解できかった箇所が、現在の自分には深く理解できるようになっている事に些か興奮しながら、改めてこの書籍の奥深さを認めたのでした。

もともと仙道へは高藤聡一郎氏の書籍から入ったのですが、小野田氏の「現代仙道百科」もかなり秀逸な書籍であると思います。可能なら両方を読み比べてみる事をおススメいたします。


こんな例えが書かれています。「水辺まで馬を連れて行くことはできても、水を飲むか飲まないかは馬次第」

著者はこの本をいわば旅行案内書のようなものと述べています。未知の地を訪れるには案内書は便利です。
しかし実際にその土地へ行くのはあなた自身なのだと。


再読過程で痛感したことを以下に記録として残しておきます。


○仙道修行での心得の一つに、「求めず」があります。即ち行の成果を予め期待しないこと。
  求めることは自我意識の欲望であり、仙道の行は自我意識を無くすための修行だから、自我意識を強く持ち  ながら自我意識を無くそうとするのは有害無益の努力で、精力を消耗し逆効果を招くだけ。

→成果を全く期待せず、淡々と毎日行うのが肝要なんですね。


精神世界ランキング


現代仙道百科―心身改革の秘法体系
白揚社
小野田 大蔵


Amazonアソシエイト





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック